アパート経営をする上で必要なもの

アパート経営をする上で必要なものはある程度の資金と物件を安く入手するための知識です。特に大切なのが物件購入の知識です。アパート経営をする上ではこの知識無くしてなかなか成功は覚束ないといってもいいかもしれません。アパート経営をするのは誰でも出来るかもしれませんが、成功するかどうかとなると、この物件購入の知識というものが大きく意味を持ちます。資金の方は無くても出来なくはありませんが、資金があるのとないのとでは大きく違います。ですから、ある程度まとまったと資金がある必要性はあります。土地についてはあった方がいいですが、その土地が活用できるかどうかは場所によっても立地によっても異なるので、これについてはその土地次第ということはいえるでしょう。

アパート経営は物件購入で全て決まる

アパート経営の成否は物件購入で全て決まるといって過言ではありません。ここで大切なのはいい物件を購入する事ではありません。いい物件となるものを格安で購入することです。いい物件とは全て価格と対応して決まります。どんな物件も価格を下げていけば、魅力的なものとなるわけです。ですから、物件を購入するときに高い物件を買ってしまうとそれでアウトなのです。後はどうしようもありません。空室が出てきても、賃料を下げることも出来なくなり、どうしようもなくなるということになってしまうわけです。ですが、格安物件なら空室が出ても賃料を下げるということで空室を無くしていくことができるのです。これが出来るかできないかがアパート経営の成否を分けることになります。アパート経営は長期で考える必要があるのです。

収益物件となるのに競売物件は魅力的

アパート経営で大切なことは、収益物件は買うのではなく造るものということです。ほとんどの人が収益物件を買おうとするのですが、いい収益物件は安く買えません。なぜなら収益が出ているからです。収益物件は高くなら買えますが安く買えることはないのです。では、何が安く買えるのかというと、収益が出なくて手放したような物件です。よくあるのは競売物件などです。これはかなりアパート経営に向いています。何しろ自分の設定価格以上では購入できませんから、高い物件に手を出してしまう可能性が少ないのです。入居者はその物件が競売かどうかを見るのではなく、魅力ある物件かどうかということか賃料と相対して考えているものです。そして、魅力のあるものだとなれば入居してくれます。これがアパート経営のコツです。