アパート経営を考えている人におすすめの予備知識

アパートを経営する方法には、自身で管理人として住み込むか、外部の業者に委託するかの2つあります。業者に任せると、管理人が行うべき面倒なクレーム処理などは全てやってもらえます。宣伝もしてくれるので、安心して任せられますがその分費用がかかります。長い年月委託すると、毎月支払う費用も結構な額になります。自身で管理人として住み込むと、建物の劣化などの見張りや苦情処理は全て自身で行うことになります。宣伝をして住人集めもすることになり大変ですが、業者に委託するより人件費が抑えられます。自身で直接アパート経営をすることになるので、やりがいを感じることもありそうです。どちらを選ぶにしてもそれぞれ長所と短所があるので、よく考えて決めなければいけません。

自身で管理人として住み込みアパートを管理する場合

自身で管理人として住み込みアパート経営をすると、外部に委託するよりも人件費がかかりません。自身の手で全てを管理することになるので、やりがいを感じるかもしれないです。デメリットは住人からの苦情処理をしなければいけないことと、常に住人募集の宣伝が必要なことです。騒音や異臭などの苦情が頻繁に来るので、忙しい時期もあります。また、住人がいないとアパート経営が成り立たないので、外部に宣伝をしなければいけないです。メリットは、アパート経営が軌道にのれば結構な額の不労所得が毎月入ってくることです。最初は人集めに苦労しますが、上手く乗り越えて安定住人を増やせば良い収入になります。そこまでもっていくのは苦労しますが、成功した時の感動を考えると頑張る価値はあると言えそうです。

アパート経営を外部の業者に委託することができる

アパート経営は自身も管理人として住み込むと思われがちですが、外部の業者に委託する方法もあります。委託する業者を探す方法は、ネットを使うと探しやすいです。その際のメリットは、クレームの対処と劣化をしていないか常に見張ってくれることです。アパート経営でもっとも大変なのが住民からのクレームの処理です。いつやって来るのか不明なので、朝晩と常に神経をとがらせておく必要があります。委託をするとそれらの悩みがなくなるので、ゆっくりと休めます。住民の募集もしてくれることがあるので、そちらの面も安心できます。アパートの外壁や屋根などを常に見張ってくれるので、劣化を素早く発見してくれます。劣化が見つかったら工事となりますが、その際の費用は自身の手で払う必要があります。ただ、外壁修理などはそれなりに費用がかかりますが、1度工事をしてしまえば当分は大丈夫です。